FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Microsoft、『Office XP』のバグを「訂正不可能」として修正せず





6月11日12時1分配信 japan.internet.com


Microsoft が8日に実施した6月分の月例更新は、これまでの月例更新の中でも最大規模のものとなった。
その際、大量の更新情報に埋もれるように、『Microsoft Office XP』に発生しているあるバグについて
は、修正を行わない旨の通知があった。修正には多数の再構築が必要となり、現実的に実行が不可能なためだ。


Microsoft のサポート ライフサイクルに関する文書によると、2001年に初出荷された Office XP は、
現在も公式な「延長サポート」の対象であり、サポート期限は2011年7月12日までとなっている。


しかし、発売からほぼ10年が経過した Office XP の COM (コンポーネント オブジェクト モデル) 認証技術に
存在する脆弱性を実際に修正するには、非常に大がかりな作業が必要となる。COM とは、異なるネットワーク上
にある『Windows』コンピュータで動作中のプロセスについて、プロセス間の通信を可能にする旧式の通信技術だ。


この脆弱性について説明しているセキュリティ情報の FAQ には、次のような記述がある。「問題の認証技術を
修正するパッチを適切にサポートするアーキテクチャは、Office XP には存在しません。そのため、この脆弱性


を解決するために Office XP 用の修正パッチを作成することは現実的に不可能です。パッチを作成するには、
影響を受けるコンポーネントだけでなく、Office XP 製品のかなりの部分について、再構築を行なう必要が
あるからです」


Office XP ユーザーにとって幸運だったのは、この認証技術における脆弱性は、Microsoft の深刻度の基準に
おいて、4段階のうち上から2番目の「重要」であるという点だ。これは悪意のあるクラッカーによる攻撃の


可能性が少ないことを意味する。深刻度が1段階上の「緊急」にランクされる欠陥には、「重要」とされるもの
と比べて、はるかに容易に悪用されるものが多い。


この記事の著作権は、引用元にあります。

引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100611-00000010-inet-sci



スポンサーサイト

ノートのくせに生意気だ





G-Tuneの“ちょっぱや”ゲーミングモデルをぶん回す (ITmedia)


今回紹介する「NEXTGEAR-NOTE」は、マウスコンピューターの
ハイエンドゲームPCブランド「G-Tune」に属するノートPCだ。


ノートPCでも3Dゲームをバリバリ楽しみたいという人に向けた製品
で、高い基本性能を持つのがウリである。そのノートにDirectX 11


対応のGPUとなるATI Mobility Radeon HD 5870搭載モデル
「NEXTGEAR-NOTE i920SA3」(以下、i920SA3)が追加された。


i920SA3は、A4フルサイズのノートPCで、ぱっと見でも「でかっ!」と
そのサイズを感じるインパクトがある。重量は約3.95キロと持ち運べ


ないわけではないものの、常に持ち歩くモバイル用途には当然ながら
向いていない。そのサイズから、どちらかというとデスクトップPCの代替


や省スペースPCとしての利用に向く、むしろ「持ち運べるデスクトップPC」
とでも言ったほうがぴったりくるだろう。


i920SA3に標準で搭載される液晶ディスプレイは、17.3インチと十分な
サイズだ。いわゆるテカテカな光沢液晶なので映り込みを気にする人が


いるかもしれないが、解像度はフルHD(1920×1080ドット)と豪勢で
写真や動画を表示した際の見栄えもいい。これならデスクトップPC
代わりに使っても不満はないだろう。


CPUにはノート用ながら4コア8スレッドと高い性能を持つIntel Core i7
-840QM(1.86GHz/Turbo Boost時最大3.2GHz)を搭載し、メイン


メモリは8Gバイト、グラフィックスは前述したATI Mobility Radeon
HD 5870(メモリ1Gバイト)を備える。さらに起動ドライブとしてインテル製


の高速SSD(X25-M、80Gバイト)を用い性能を確保しつつ、データ記録
用として別途500GバイトのSATA HDDも搭載する。


●シンプルなデザインが硬派をイメージさせる


i920SA3を一言で表すと「硬派なノート」というイメージがぴったりだ。
ツヤ消しブラックのボディは、余計なモノを排除したシンプルなデザインで、


液晶ディスプレイを開くとテンキーも備えたアイソレーションタイプのキー
ボードが顔を出す。


ポインティングデバイスはスライドパッドタイプが付属しているが、標準で
マイクロソフトのゲーミングマウス(Microsoft SideWinder X3 Mouse)が


付属しているため、普段の利用時はそのマウスを使えばいい。また、高い
撥水(はっすい)性能とスムーズな滑りを持つ専用のゲーミングマウスパッド


が付属しているので、マウスを激しく動かすようなゲームタイトルをプレイして
もマウスの追従性が悪くて不満が出るようなことはない。


電源ボタンのほかには、専用のタッチ式のクイックランチャーが搭載されて
いるが、クイックランチャーであるといわれないと何かのインジケータかと


見間違うほどのシンプルさである。シンプルデザインかつ質実剛健な、
まさに硬派なノートPCといった趣が強い製品だ。


●必要十分な数のインタフェース


一方、インタフェースは、USBが本体背面に2ポート、左右の側面に
1ポートずつ用意され、本体背面には先述したUSB以外に電源用


コネクタとHDMI出力、ギガビットLAN対応のネットワークといった端子類
が用意される。本体右側面にはサウンドの入出力関連の端子と


Expressカードスロット、e-SATAとDVI-I端子が並ぶ。本体左側面には
7in1のリーダー/ライター、4ピンのIEEE1394、それとDVDスーパーマルチ


ドライブだ。これらに加え、液晶ディスプレイの中央部分に200万画素の
Webカメラを内蔵しており、メッセンジャーやSkypeなどに利用できる。


本体の底面にバッテリーが用意されているが、これを取り外すとSSDが
顔を出す。またネジ留めされた本体底面部のカバー部分を取り外すと


HDDやメモリスロットへ簡単にアクセスできるようになっている(ただし、
メモリスロットにはすでに4GバイトのSO-DIMMモジュールが2枚装着され
ている)。


将来的にはHDDを交換するかバッテリー部分にあるSSDの交換といった
作業で底面部を開けることもあるかもしれないが、すでに豪勢なスペック


なので購入後すぐに増設作業を行うことはまずないだろう。ちなみに
バッテリーをフル充電した場合でも約1.5時間程度しか使えないため、
こちらはUPS(無停電電源装置)代わりと考えておくほうがよさそうだ。


強力なGPUを実装する分、本体底面部には大口径の冷却ファンが
2基装着されており、本体の冷却は底面部から空気を吸い込んで各部


を冷却したら、本体背面側にある排気口に排気するというエアフロー
構造になっている。そのためベンチマークテスト時には本体背面側の


排気口より温かい空気が排出される。通常の作業は無音に近いほど
静音性に優れているが、グラフィックスに対して負荷の高い処理が必要
になる場合は、それなりの風切り音が発生することがあった。


●ノートPCのくせにエクスペリエンスインデックスがオール「7」以上


以上のように、i920SA3は17.3型のフルHD液晶を持つ重量級ノートPC
なわけだが、その性能は本当にデスクトップPCの代わりになるのだろうか。


いつものようにWindows 7のエクスペリエンスインデックスと、おなじみの
各種ベンチマークテストを実行した。なお、i920SA3に標準で搭載される


のは64ビット版のWindows 7 Professionalだ。標準で8Gバイトのメモリも
余すことなく利用可能になっている。ただし、今回の評価機に搭載されて


いたCPUは、標準のCore i7-840QM(1.86GHz)ではなく、Core i7-820QM
(1.73GHz)となっていたため、ベンチマークテストのスコアは参考値として


見てほしい(もっとも、ここで出た数値以上の性能を発揮すると考えて
差し支えない)。


まずWindows 7のエクスペリエンスインデックスだが、結果はすべての項目で
「7」を超えている。はっきり言って「ノートPCのくせに生意気」である。


特にSSDの効果が高く、スコアは7.8を叩き出した。CPUが7.2、メモリの
スコアは7.4でグラフィックス関連が7.2。今まで筆者は数多くのノートPCを
触ってきたが、オール7超えというのは初めてのケースだ。


次に計測したベンチマークソフトは、いつものようにPCMark05、PCMark
Vantage(x64)、3DMark 06、3DMark Vantageといった専用のベンチ


マークプログラムに、3Dゲーム系のFINAL FANTASY XI Official
Benchmark 3、LOST PLANET体験版&ベンチマークDirectX 10版


(64ビット)、THE LAST REMNANT体験版&ベンチマークである。
標準では1280×1024ドット(32ビット)で計測しているが、このうち


3Dゲーム系のベンチマーク(LOST PLANET体験版&ベンチマーク
DirectX 10版、THE LAST REMNANT体験版&ベンチマーク)では
フルHD解像度(1920×1080ドット、32ビット)でも試している。


結果は上に掲載したグラフの通りだ。非常に高いレベルのスコアを叩き
出しており、Core i3やCore i5程度のCPUを搭載したデスクトップPCなら


余裕でぶっちぎってしまう実力を持つ。A4フルサイズで4キロ近くの重量が
あるとはいえ、その圧倒的な性能はやはり「ノートのくせに生意気」だ。


標準でフルHD解像度の液晶を搭載するだけでなく、そのフルHD解像度
で3Dゲームを走らせた場合でもATI Mobility Radeon HD 5870がそれ


なりに満足できる水準で動かしてしまうし、起動ドライブは80Gバイトと
少ないものの、SSDなので十数秒でWindows 7が起動してくる。とにかく
生意気なノートPCである。


そしてこのノートPCが30万を切る27万9930円で買えてしまうというのが
驚きである。今なら光学ドライブをBru-rayドライブにするのに1万円と


少し上乗せするだけですむうえ、さらに8400円を加えれば地デジ録画
環境までが手に入る。3Dゲームからクリエイティブ用途まで、あらゆる


場面で高い性能を発揮する省スペースPCを探している人には、
是非検討してもらいたいノートPCだ。【小川夏樹】


この記事の著作権は、引用元にあります。

引用元:http://news.www.infoseek.co.jp/topics/comp/n_laptop_pc__20100611_3/story/itmedia20100610069pcuser/


USB 3.0と高速SSDはもう当たり前ですか?





6月4日14時54分配信 +D PC USER

最新マザーの多くがUSB 3.0をサポートし、これにあわせて対応周辺
機器も充実しつつある。COMPUTEX TAIPEIの会場では「USB 2.0が
許されるのは夏までだよねー」などと言っているとか言わないとか。


COMPUTEX TAIPEI 2010の会場を歩いていると「3D Vision」に並んで
「USB 3.0」というキーワードを頻繁に目にする。南港展覧館でも


“キレイなおねえさん”がステージ上で踊ったり、ぽんぽんとプレゼント
を投げて聴衆の群がっているブースは、USBメモリ(USB Flash Drive)や


ポータブルHDD/SSDなどのメーカーが多い。それらのブースで全面に
打ち出されているのはやはり「USB 3.0対応」だ。これまでのUSB 2.0に


比べて約10倍の帯域を持つUSB 3.0は、手っ取り早く“次世代の快適さ”
を体感できる技術の1つといえる。日本でもなじみのあるメーカーを中心に
新製品を見ていこう。


Silicon Powerが今回のCOMPUTEX TAIPEIにあわせて公開した新製品は3つ。
1つはUSB 3.0対応のUSBメモリ「LuxMini 950」だ。ハイスピードモデル


「LuxMini 920」の上位製品にあたり、USB 3.0に対応したことでリード
速度が200~190Mバイト/秒、ライト速度が100~95Mバイト/秒と大幅に


引き上げられているのが特徴。外観はシルバーのボディにSLILICON POWERの
ロゴをレリーフのようにあしらい、高級感のある鏡面仕上げとなっている。


日本への出荷時期は9月前後になる見込みで価格はこれから決まるようだ。
「他社よりは安くしたいですね」(同社)と話していた。


USBメモリの新製品ではもう1つ、「Unique 530」もある。これまで同様、USB
2.0対応で防滴性能を備えるのは同じだが、ラバー素材のボディを採用する


ことで耐衝撃性を備えた。ラインアップは4/8/16Gバイトの3モデル。
出荷時期は7月の予定で、日本での販売価格はそれぞれ2000円前後/3300円前後
/6000円前後になる予定。


一方、USB 3.0対応の2.5インチポータブルHDD「Armor A80」も登場している。
こちらはCOMPUTEX TAIPEI 2010開幕の前日に発表されたが、実物が展示される


のは今回が初めて。外観はこれまでの「Aromor A60」と同じで、本体サイズは
96(幅)×139(奥行き)×18(高さ)ミリ、重量は約270グラム。


カラーリングのみブルーを採用している。ラインアップは640Gバイト/500Gバイト
/320Gバイトの3モデルだ。なお、Aromor A60と同様に、防滴性能や耐衝撃性能は


継承している。ラインアップは320/500/640Gバイトで、価格は1万/1万5000/
2万円前後になる見込み。すでに出荷が始まって>おり、日本では1週間ほど遅れて
6月10日ごろから店頭に並ぶようだ。


ADATAは3.5型の外付けHDDでUSB 3.0対応製品を投入している。「Nobility NH03」は
3.5型のSATA HDDを内蔵し、リード130Mバイト/秒、ライト125Mバイト/秒。ワン


タッチでバックアップできるボタンを備える。ラインアップは1/1.5/2Tバイトの
3モデルだ。本体サイズは48(幅)×150(奥行き)×178(高さ)ミリ、重量は


約1キロ。光沢感のある外装で、縦置きと横置きに対応する。日本への出荷は6月
下旬予定。一方、SSDでも高速モデルの「S599」が展示されていた。SandForce社


コントローラ「SF-1200」を採用しているのが特徴で、転送速度はリード280Mバイト
秒/ライト270Mバイト秒。デュアルインタフェース(SATA II/mini USB)を持つ
「S596」に比べて転送速度が大幅に向上している。


日本での登場時期は6月下旬で、100Gバイトモデルは3万5000円前後になる見込み。
200Gバイトモデルは「今のところ未定だけど5万くらい?」とのことだった。この


ほか、実物は目にすることができなかったが、SATA 6Gbpsインタフェースの「S501」
も近日登場予定という。


SandForceのSF-1200を採用したSSDでは、Team Groupも新モデルの「Xtream S1」を
投入している。転送速度はリード280Mバイト/秒、ライト270Mバイト秒と、従来の


「Xtream G1」に比べると書き込み速度が大幅に向上した。ラインアップは60/120
/240Gバイトの3モデル。日本への出荷は7月中の予定だが、価格は未定だ。


また、PRETECも同コントローラを載せた「P4000」を並べている。転送速度は
「300Mバイトは超えるよ」とのこと(ただし、スペックシートにはリード285Mバイト
/秒、ライト275Mバイト/秒と記載されていた)。


また、2.5型SATA接続のSSD「M2100」シリーズに1Tバイトモデルが追加されている。
そのほかのブースもUSB 3.0対応製品を主力に据えた展示を行っていた。


この記事の著作権は、引用元にあります。
引用:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100604-00000037-zdn_pc-sci






カナダでハッキング大会開催 iPhone瞬殺 (R25)





3月24日、カナダのバンクーバーでウェブブラウザの
ハッキングコンテストが開催され、


「Internet Explorer(IE)」「Firefox」「Safari」
などがあっさりと「陥落」。唯一「Google Chrome」
だけが「攻略」されることなく大会初日を終えた。


このハッキングコンテストは、今年で第4回となる
『Pwn2 Own』というイベント。セキュリティ企業


『TippingPoint』の主催で行われ、今回は「IE」
「Firefox」「Safari」「Google Chrome」の最新
バージョンが対象となった。


大会初日、
・Windows 7上のMicrosoft Internet Explorer 8
・Windows 7上のMozilla Firefox 3
・Windows 7上のGoogle Chrome 4
・MacOS X Snow Leopard上のApple Safari 4

がターゲットとなってコンテストがスタートすると、
「Google Chrome」以外のブラウザはいずれもわずか


数分程度でハッカーの侵入を容認。同時に行われた
「携帯電話部門」では、「iPhone」がわずか20秒で


ハッキングされ、セキュリティシステム構築の難しさと、
ハッカー側の技術の高さが明らかになった。


ブラウザがハッキングされると、データの流出や
メモリーの破損などの実害が起こり得る。実際、今回の


大会でiPhoneを攻略した優勝者は、「iPhoneから
アクセスしただけでSMSのデータが流出するウェブサイト」


を作成した。各ブラウザメーカーは、こうした賞金付きの
大会を行うことにより、ハッカーによって発見された自社


のシステムの脆弱性を改良する。今回、「IE」「Firefox」
「Safari」を攻略した優勝者にはそれぞれ1万ドル、


「iPhone」を攻略したイタリア人とルクセンブルク人には
1万5000ドルの賞金が与えられた。

(R25編集部)



引用:http://news.www.infoseek.co.jp/topics/comp/n_r25c3__20100506_12/story/r25fushigi_jikenbo_detail_id2010040600001993r25/


ハッキングのこんな大会が開かれていたんですね。
しかしiPhoneは20秒しか耐えることができないとは。



テーマ : ひとりごと
ジャンル : アフィリエイト

無線LAN用の機器を購入する前に確認しておきたいことが
いくつかあります。購入してから後悔しないようにして
くださいね。


家の中で無線LANの親機は、たいていリビングに置く
ご家庭が多いのではないでしょうか。


リビングのそばにはキッチンがありますよね。
ということは、電子レンジもそばにある、ということです。


電子レンジは、マイクロウェーブ波で中の物を温めるのです
が、このマイクロウェーブが、無線LANの電波に干渉する


ことがあります。設置する際は、お気をつけください。
また、現在では、11n対応の機種も出ておりますよね。


子機は11n対応であっても、親機が11gにしか対応していな
い場合は、もしかすると使用できない、何てことがある場合


があります。購入の際は、親機の対応を確認してください。
それと、OSがどれに対応しているかは必要条件です。


Windows7のPCなのに、購入した無線LANの機器が
対応してなかった、なんてことにならないようにしてください。


自宅で使用されているPCがノートタイプの場合は、簡単に
セットアップできるものが多いのですが、稀に非対応なものも


あるようです。購入前に対応しているかどうか、メーカーの
Webサイトで確認するようにしてください。


無線LANは、部屋中コードだらけにならないために、設置が
とても楽ですよね。


しかし、有線の場合と違って、速度がそんなに速くないのです。
実行速度を優先させたいのであれば、LANケーブルで直接接続


する方がベターです。その際、LANケーブルのカテゴリーに気を
つけてください。


カテゴリー5ですと、実効値が100MHzまでの帯域を使って通信
できる規格ですが、ギガビットイーサを契約されているのであれば


カテゴリー7のケーブルが必要になります。契約している回線を
確認して購入するようにしてくださいね。


無線LANの親機を選ぶ場合は、次のことに気をつけましょう。

1.電波の種類
  11n、11gなどの規格があります。
2.子機は何を使っているか。
  子機の種類によっては親機が接続できないケースもあります。
3.接続の方法
  簡単に接続ができるか?
  CD-ROMで簡単にできるタイプが主流ですが...
4.家の環境
  鉄筋コンクリートのマンションでは電波の出力があっても
  接続が難しい場合があります。環境を考慮しましょう。


現在では、11nというタイプで300Mbpsというタイプに変わりつつ
あります。今後の接続環境も考慮しましょう。


逆に子機を選ぶ際は、親機と接続できるかを必ず確認してから購入
してください。


折角購入したのに、親機と接続できなかった、となると勿体ない
ですからね。

テーマ : おすすめ
ジャンル : アフィリエイト

プロフィール

ガヤ丸

Author:ガヤ丸
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アフィリエイト
22023位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2316位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
ブログ広告ならブログ広告.com
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
BLOGOOLE BLOG情報
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。