スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はやぶさ:「金メダル級」成果、次々 ギネス申請も検討





6月15日11時28分配信 毎日新聞


はやぶさの旅は「金メダルが何個ももらえる」と言われるほど「世界初」の
成果が並ぶ。


技術面では、往復飛行を実現させた新型電気推進エンジン
(イオンエンジン)。長寿命が期待できる半面、性能は劣るため、


業界では傍流と考えられていた方式をあえて採用した。結局、
1万時間を大きく超える長寿命と必要な推進力を確保できた。


レベルの高さに米国が注目、NECはNASAへの技術移転を目指
している。


自律航行システムは、目的地が遠距離の飛行には欠かせない。
地球から遠のくほど、指令が届くのに時間がかかる。このためはやぶさは、


カメラ画像などの情報を基にどう行動するかを自分で判断した。ロボット
技術にも通じ、日本の得意分野が生かされた形だ。


科学的にもはやぶさは成果を残した。05年9月から約2カ月、
イトカワを近距離から隅々まで観測。小惑星をここまで詳細に


観測した例は過去になく、観測結果は米科学誌「サイエンス」で
特集された。


さらに大きな成果が期待されるのが、カプセルの「中身」。分析により、
太陽系の起源や進化がより詳しく解明できる可能性がある。
【ウーメラ(オーストラリア南部)永山悦子】


一方、JAXAは、はやぶさを「世界一遠くまで往復した人工物」などで
ギネスブックに申請する検討を始めた。川端達夫文部科学相の強い


意向を受けたもの。川端文科相は今月11日の会見ではやぶさの長い
旅を絶賛していた。イトカワ(全長約540メートル)も、「機体が着陸した
最小の天体」として07年からギネスブックに掲載されている。
【横田愛、山田大輔】



この記事の著作権は、引用元にあります。

引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100615-00000018-maiall-soci



スポンサーサイト

Microsoft、『Office XP』のバグを「訂正不可能」として修正せず





6月11日12時1分配信 japan.internet.com


Microsoft が8日に実施した6月分の月例更新は、これまでの月例更新の中でも最大規模のものとなった。
その際、大量の更新情報に埋もれるように、『Microsoft Office XP』に発生しているあるバグについて
は、修正を行わない旨の通知があった。修正には多数の再構築が必要となり、現実的に実行が不可能なためだ。


Microsoft のサポート ライフサイクルに関する文書によると、2001年に初出荷された Office XP は、
現在も公式な「延長サポート」の対象であり、サポート期限は2011年7月12日までとなっている。


しかし、発売からほぼ10年が経過した Office XP の COM (コンポーネント オブジェクト モデル) 認証技術に
存在する脆弱性を実際に修正するには、非常に大がかりな作業が必要となる。COM とは、異なるネットワーク上
にある『Windows』コンピュータで動作中のプロセスについて、プロセス間の通信を可能にする旧式の通信技術だ。


この脆弱性について説明しているセキュリティ情報の FAQ には、次のような記述がある。「問題の認証技術を
修正するパッチを適切にサポートするアーキテクチャは、Office XP には存在しません。そのため、この脆弱性


を解決するために Office XP 用の修正パッチを作成することは現実的に不可能です。パッチを作成するには、
影響を受けるコンポーネントだけでなく、Office XP 製品のかなりの部分について、再構築を行なう必要が
あるからです」


Office XP ユーザーにとって幸運だったのは、この認証技術における脆弱性は、Microsoft の深刻度の基準に
おいて、4段階のうち上から2番目の「重要」であるという点だ。これは悪意のあるクラッカーによる攻撃の


可能性が少ないことを意味する。深刻度が1段階上の「緊急」にランクされる欠陥には、「重要」とされるもの
と比べて、はるかに容易に悪用されるものが多い。


この記事の著作権は、引用元にあります。

引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100611-00000010-inet-sci



英キャリアO2も、スマートフォン向け定額データプランを廃止




6月11日14時58分配信 ITmedia News

英国でiPhoneを販売している携帯キャリアO2が、スマートフォン向け
の定額データ通信プランを廃止する。

同社は、AppleのiPhone 4が発売される6月24日から新しい料金プラン
を導入する。新プランでは、データ通信量が一定基準を超えると追加


料金が発生する定額従量制を採用する。既存の加入者は、現在の
契約が終了するまでは定額データ通信プランを継続できる。


新プランでは、例えば月額25ポンドで500Mバイトまでのデータ通信を
利用できる。最も高価な月額60ポンドのプランには、1Gバイトまでの


データ通信が含まれる(25ポンドのプランには100分の無料通話、
60ポンドのプランには無制限の無料通話も含まれる)。


O2は、新しいプランを導入した場合、加入者の97%は追加料金を
支払わなくてもいいと見込んでいる。最も低い基準の500Mバイトでも、
O2加入者の平均データ通信量の2.5倍という。


携帯キャリア各社は、スマートフォン人気の高まりとともにデータ通信量
が増大し、ネットワークへの負荷が高まっていることに苦慮している。


6月初めには、米キャリアAT&TがiPhoneなどのスマートフォン向けの
定額データプランを廃止した。日本のiPhone独占キャリアである


ソフトバンクは、現時点では定額制廃止の具体的な計画はない
としている。


この記事の著作権は、引用元にあります。

引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100611-00000032-zdn_n-inet


ノートのくせに生意気だ





G-Tuneの“ちょっぱや”ゲーミングモデルをぶん回す (ITmedia)


今回紹介する「NEXTGEAR-NOTE」は、マウスコンピューターの
ハイエンドゲームPCブランド「G-Tune」に属するノートPCだ。


ノートPCでも3Dゲームをバリバリ楽しみたいという人に向けた製品
で、高い基本性能を持つのがウリである。そのノートにDirectX 11


対応のGPUとなるATI Mobility Radeon HD 5870搭載モデル
「NEXTGEAR-NOTE i920SA3」(以下、i920SA3)が追加された。


i920SA3は、A4フルサイズのノートPCで、ぱっと見でも「でかっ!」と
そのサイズを感じるインパクトがある。重量は約3.95キロと持ち運べ


ないわけではないものの、常に持ち歩くモバイル用途には当然ながら
向いていない。そのサイズから、どちらかというとデスクトップPCの代替


や省スペースPCとしての利用に向く、むしろ「持ち運べるデスクトップPC」
とでも言ったほうがぴったりくるだろう。


i920SA3に標準で搭載される液晶ディスプレイは、17.3インチと十分な
サイズだ。いわゆるテカテカな光沢液晶なので映り込みを気にする人が


いるかもしれないが、解像度はフルHD(1920×1080ドット)と豪勢で
写真や動画を表示した際の見栄えもいい。これならデスクトップPC
代わりに使っても不満はないだろう。


CPUにはノート用ながら4コア8スレッドと高い性能を持つIntel Core i7
-840QM(1.86GHz/Turbo Boost時最大3.2GHz)を搭載し、メイン


メモリは8Gバイト、グラフィックスは前述したATI Mobility Radeon
HD 5870(メモリ1Gバイト)を備える。さらに起動ドライブとしてインテル製


の高速SSD(X25-M、80Gバイト)を用い性能を確保しつつ、データ記録
用として別途500GバイトのSATA HDDも搭載する。


●シンプルなデザインが硬派をイメージさせる


i920SA3を一言で表すと「硬派なノート」というイメージがぴったりだ。
ツヤ消しブラックのボディは、余計なモノを排除したシンプルなデザインで、


液晶ディスプレイを開くとテンキーも備えたアイソレーションタイプのキー
ボードが顔を出す。


ポインティングデバイスはスライドパッドタイプが付属しているが、標準で
マイクロソフトのゲーミングマウス(Microsoft SideWinder X3 Mouse)が


付属しているため、普段の利用時はそのマウスを使えばいい。また、高い
撥水(はっすい)性能とスムーズな滑りを持つ専用のゲーミングマウスパッド


が付属しているので、マウスを激しく動かすようなゲームタイトルをプレイして
もマウスの追従性が悪くて不満が出るようなことはない。


電源ボタンのほかには、専用のタッチ式のクイックランチャーが搭載されて
いるが、クイックランチャーであるといわれないと何かのインジケータかと


見間違うほどのシンプルさである。シンプルデザインかつ質実剛健な、
まさに硬派なノートPCといった趣が強い製品だ。


●必要十分な数のインタフェース


一方、インタフェースは、USBが本体背面に2ポート、左右の側面に
1ポートずつ用意され、本体背面には先述したUSB以外に電源用


コネクタとHDMI出力、ギガビットLAN対応のネットワークといった端子類
が用意される。本体右側面にはサウンドの入出力関連の端子と


Expressカードスロット、e-SATAとDVI-I端子が並ぶ。本体左側面には
7in1のリーダー/ライター、4ピンのIEEE1394、それとDVDスーパーマルチ


ドライブだ。これらに加え、液晶ディスプレイの中央部分に200万画素の
Webカメラを内蔵しており、メッセンジャーやSkypeなどに利用できる。


本体の底面にバッテリーが用意されているが、これを取り外すとSSDが
顔を出す。またネジ留めされた本体底面部のカバー部分を取り外すと


HDDやメモリスロットへ簡単にアクセスできるようになっている(ただし、
メモリスロットにはすでに4GバイトのSO-DIMMモジュールが2枚装着され
ている)。


将来的にはHDDを交換するかバッテリー部分にあるSSDの交換といった
作業で底面部を開けることもあるかもしれないが、すでに豪勢なスペック


なので購入後すぐに増設作業を行うことはまずないだろう。ちなみに
バッテリーをフル充電した場合でも約1.5時間程度しか使えないため、
こちらはUPS(無停電電源装置)代わりと考えておくほうがよさそうだ。


強力なGPUを実装する分、本体底面部には大口径の冷却ファンが
2基装着されており、本体の冷却は底面部から空気を吸い込んで各部


を冷却したら、本体背面側にある排気口に排気するというエアフロー
構造になっている。そのためベンチマークテスト時には本体背面側の


排気口より温かい空気が排出される。通常の作業は無音に近いほど
静音性に優れているが、グラフィックスに対して負荷の高い処理が必要
になる場合は、それなりの風切り音が発生することがあった。


●ノートPCのくせにエクスペリエンスインデックスがオール「7」以上


以上のように、i920SA3は17.3型のフルHD液晶を持つ重量級ノートPC
なわけだが、その性能は本当にデスクトップPCの代わりになるのだろうか。


いつものようにWindows 7のエクスペリエンスインデックスと、おなじみの
各種ベンチマークテストを実行した。なお、i920SA3に標準で搭載される


のは64ビット版のWindows 7 Professionalだ。標準で8Gバイトのメモリも
余すことなく利用可能になっている。ただし、今回の評価機に搭載されて


いたCPUは、標準のCore i7-840QM(1.86GHz)ではなく、Core i7-820QM
(1.73GHz)となっていたため、ベンチマークテストのスコアは参考値として


見てほしい(もっとも、ここで出た数値以上の性能を発揮すると考えて
差し支えない)。


まずWindows 7のエクスペリエンスインデックスだが、結果はすべての項目で
「7」を超えている。はっきり言って「ノートPCのくせに生意気」である。


特にSSDの効果が高く、スコアは7.8を叩き出した。CPUが7.2、メモリの
スコアは7.4でグラフィックス関連が7.2。今まで筆者は数多くのノートPCを
触ってきたが、オール7超えというのは初めてのケースだ。


次に計測したベンチマークソフトは、いつものようにPCMark05、PCMark
Vantage(x64)、3DMark 06、3DMark Vantageといった専用のベンチ


マークプログラムに、3Dゲーム系のFINAL FANTASY XI Official
Benchmark 3、LOST PLANET体験版&ベンチマークDirectX 10版


(64ビット)、THE LAST REMNANT体験版&ベンチマークである。
標準では1280×1024ドット(32ビット)で計測しているが、このうち


3Dゲーム系のベンチマーク(LOST PLANET体験版&ベンチマーク
DirectX 10版、THE LAST REMNANT体験版&ベンチマーク)では
フルHD解像度(1920×1080ドット、32ビット)でも試している。


結果は上に掲載したグラフの通りだ。非常に高いレベルのスコアを叩き
出しており、Core i3やCore i5程度のCPUを搭載したデスクトップPCなら


余裕でぶっちぎってしまう実力を持つ。A4フルサイズで4キロ近くの重量が
あるとはいえ、その圧倒的な性能はやはり「ノートのくせに生意気」だ。


標準でフルHD解像度の液晶を搭載するだけでなく、そのフルHD解像度
で3Dゲームを走らせた場合でもATI Mobility Radeon HD 5870がそれ


なりに満足できる水準で動かしてしまうし、起動ドライブは80Gバイトと
少ないものの、SSDなので十数秒でWindows 7が起動してくる。とにかく
生意気なノートPCである。


そしてこのノートPCが30万を切る27万9930円で買えてしまうというのが
驚きである。今なら光学ドライブをBru-rayドライブにするのに1万円と


少し上乗せするだけですむうえ、さらに8400円を加えれば地デジ録画
環境までが手に入る。3Dゲームからクリエイティブ用途まで、あらゆる


場面で高い性能を発揮する省スペースPCを探している人には、
是非検討してもらいたいノートPCだ。【小川夏樹】


この記事の著作権は、引用元にあります。

引用元:http://news.www.infoseek.co.jp/topics/comp/n_laptop_pc__20100611_3/story/itmedia20100610069pcuser/


学校裏サイト監視システムを構築 府立大グループ開発、実用化へ

傷つくあなたへ

傷つくあなたへ

価格:1,260円(税込、送料別)





6月9日9時39分配信 京都新聞

いじめにつながる言葉を検出して、悪質な誹謗(ひぼう)中傷に
発展している学校裏サイトを自動的に見つけ出すシステムを


京都府立大のグループが開発した。京都市立学校のモデル校で、
学校側への通報の基準や方法を検証し、実用化を目指す。


■「いじめ語」検出、教委に通報

生命環境科学研究科の吉冨康成教授(情報伝達システム学)や
田伏正佳准教授たちのグループ。子どもが開設する裏サイトや


プロフは多様で巧妙になり、教員から見えにくい「ネットいじめ」の
温床になっている。教員が監視している学校もあるが、負担は大きい。


システムは、実際の裏サイトでいじめに使われている「きもい」「無視」
などを「いじめ語」として選び、児童生徒が利用するサイトに登場して


いれば自動で検出する。悪質な「死ね(氏ね)」「消えろ」などの表現が
見つかれば、教育委員会や学校に通報する仕組みだ。裏サイトにリンク


している別のサイトを自動的にたどって検索する機能もあり、多くの
サイトをチェックできるという。


今後、府立大の地域貢献型特別研究として、京都市教育委員会と
実用化を進める。市立の小中学校と高校から数校を選び、その学校が


関係するサイトを調査する予定で、市教委は「サイト管理者への削除
要請や生徒指導など、緊急性の判断や対応方法を検討していきたい」
としている。


吉冨教授は「学校の態勢に合った実用的な支援システムをつくり、
多くの学校で利用できるようにしたい」と話している。



この記事の著作権は、引用元にあります。

引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100609-00000003-kyt-l26


学校裏サイト

学校裏サイト

価格:1,575円(税込、送料別)


プロフィール

ガヤ丸

Author:ガヤ丸
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アフィリエイト
11586位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1320位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
ブログ広告ならブログ広告.com
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
BLOGOOLE BLOG情報
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。